ブーストコミュニケーションのネタバレを訴えられるの覚悟でします!

ブーストコミュニケーションのネタバレを訴えられるの覚悟でします!

Sai氏のブーストコミュニケーションのネタバレを知りたい人は多いと思います。

 

情報商材って魅力的なことがセールスレターには書いてあって、実際どうなの?って疑問が頭から離れられなくなりますよね?

 

それで、

 

別にお金払ってまで知りたくない
どうでインチキでしょ

 

とスパッと考えるのを止められる人は買わないのでしょうが、私のように気になって気になって、もしかしたら
めちゃくちゃ凄い内容が書いてある、女性を依存化してセフレにし放題にできるなら安いもんだ!
という思考になると買ってしまいます。

 

そんな思考を持つ私が、ブーストコミュニケーションのネタバレを訴訟覚悟でします。

 

ブーストコミュニケーションのネタバレ

ブーストコミュニケーションの内容はかなり良いと個人的には思います。

 

正直ネタバレするのは惜しいのですがしますね。

 

まず前半はマインド編や基礎的な部分ですね。凄く役に立ったものは

 

コミュニケーションの好かれる度は、

 

「A:誰が」 × 「B:どんな気持ちで」 × 「C:何をどう話すか」

 

という掛け算で成り立つという話です。

 

多くの人は、「C:何をどう話すか」ばかりにとらわれてしまっています。これはテクニックですね。

 

まずこの「A:誰が」の部分、
考えてみれば、ホームレスの女性にどんなに凄いトークをされても絶対に付き合おうとは思いません。

 

これは女性側も同じですよね。特に女性は化粧をしたり普段から身だしなみに注意したりキレイにしているので
男性の清潔感にはかなり厳しいです。

 

そう考えれば、不潔感を感じられたらアウトというのは分かりますよね?

 

 

そして、 「B:どんな気持ちで」
これは、男性はおろそかにしがちです。

 

女の子の気持ちを盛り上げるような気分で話しているか?そのようなコミュニケーションスタイルで接しているか?
ということです。

 

学生時代、女の子ときゃっきゃ盛り上がって話しているタイプの男性の中で、やたらとリアクションがでかいタイプの人がいたと思います。
そのタイプの男性の一部はなんとなく男性からは嫌われていたと思います。

 

これはコミュニケーションスタイルの違いですね。
男性はとにかく結論を求めるために会話をするので、女性と盛り上がるタイプの会話スタイルというのは基本合わないです。

 

喫茶店などでも女性のグループの近くは嫌ですよね。延々と続くおしゃべり、面白くもない話に感情を出し合うウザさ。
一人で仕事したいときなどに隣にそういった感じの女性グループがきたら退散です。

 

このあたりは、物凄く核心ですね。

 

女性と話し際にはとにかく感情を出し合うようなスタイルで話すだけで盛り上がるし好かれる。

 

本当に基本はこれだけです。ブーストコミュニケーションの土台も基本的には、こういった内容です。

 

ほとんどの人はこの事実を知ってしまえば、これだけでかなり女性と仲良くなれます。

 

ブーストコミュニケーションの本編にはまだまだ具体的な部分などもありますが、割愛します。

 

ブーストコミュニケーションのテクニック編

 

ブーストコミュニケーションのテクニック編は「C:何をどう話すか」についです。

 

結論をから言えば、かなり使える具体例が満載です。

 

 

たとえば、女性から

 

「なんか、もう仕事やめたいんだよね。。」

 

と言われたら、どのように返すのがベストでしょうか?

 

会話とはよく考えてみればこのようなことの繰り返しです。

 

よくある間違いが、

 

「やめてどうするの?」
「何があったの?」
「やめて生活できるの?」

 

などです。

 

男性はこのように先を急いで結論や答えを知る為の質問をしたくなりがちです。これはダメです。

 

ここでは、相手の感情、気持ちを共有し、吐き出させるような会話をしていきます。