自分でできる浮気調査

自分でできる浮気調査
MENU

自分でできる浮気調査

妻の行動が最近不審になり、浮気が気になるけれども探偵会社などに依頼しようか迷っている方は多くなっています。そこで自分一人でもできる手軽な調査方法をご紹介します。

 

まず妻が自宅で他の男と浮気している可能性がある場合ですが、自宅に監視カメラを設置するという方法があります。しかしカメラなどの記録メディアはネット通販などで購入しないほうが良いでしょう。自宅に荷物が届いた際に宅配物の中身が妻にバレて、なぜ購入したのか怪しまれてしまいます。家電量販店で小型のカメラを探し、量販店で見つからない場合でも秋葉原などの電気街に行けば入手することができます。

 

こういったカメラの設置が大げさ過ぎると思われる方は、仕事に出かける前にベッドや枕の全体像を写真に収めておくようにします。仕事から帰宅した時に撮った写真とベッドの様子を見比べて、自分が自宅にいない間に妻が誰かと寝た形跡があるかどうかをチェックします。もちろん妻がベッドを掃除したために枕やシーツの場所が移動した可能性もあるので、ベッド上の物の移動があった場合であっても、すぐに妻が浮気をしたと断定してはいけません。

 

妻に怪しい行為があったと思ったら、次に嘘の出張をでっち上げます。浮気をしている妻というのは、夫が出張をすると浮気相手の男性を家に連れ込むものなのです。ですから、わざと遠くに出かけるフリをして妻の様子を伺います。レンタカーを借りて自宅の玄関が見えるギリギリの位置に車を停車させ、遠くから自宅に不審な人物が入らないかを見張ると良いでしょう。

 

 

携帯の浮気チェックの方法

浮気をするときは、色々な傾向があります。妻が浮気をする場合は、急に化粧を濃くなったりオシャレをするようになったりです。男性が浮気をする場合は、帰りが遅くなったり挙動不審になったりします。基本的には男性の浮気の方がばれやすいと言われています。

 

女性の場合は、専業主婦の状態だったりすることもありますので、男性に比べて自由な時間が多い傾向にあります。したがって、女性の浮気はばれにくい要素があります。浮気をしているかどうかの傾向はあるのですが、確認を持つには証拠が必要になります。異性と会っている証拠だったリが必要になります。

 

浮気の証拠を探す方法も色々ありますが、最も確実な証拠はホテルに入るところの写真や、食事をしているところの写真です。しかし、これは自分で尾行して行うのは厳しく、探偵を雇ったりする必要があります。探偵を雇うと、費用もかかってしまいます。

 

その他の方法で最も浮気チェックとして効果的なので、携帯電話をチェックする方法です。現在では、スマートフォンを利用している方も多いので、スマートフォンや携帯をチェックすることになります。スマートフォンや携帯をチェックするときは、どこをチェックするかが重要です。

 

共通するのは通話履歴とメール内容です。通話履歴は、名前を分からないように変更していることもあるので注意です。スマートフォンの場合は、LINEなどのアプリケーションを利用していることもありますので、チェックする項目が増えます。

このページの先頭へ
取引の倍率を決めよう